診療時間

TEL

アクセスマップ

ぎっくり腰

こんな症状でお悩みではありませんか

  • ぎっくり腰を繰り返している
  • 重いものを持って腰を痛めた
  • 腰が痛くて動けない
  • 痛みが出ないように改善してほしい

ぎっくり腰はなぜ起こるのか?|調布ふだてん整骨院

急に腰が痛くなってしまう「急性腰痛」をぎっくり腰と言われます。簡単に言ってしまうと腰の筋肉の捻挫ですがぎっくり腰の痛みの程度には幅があります。

強い痛みを伴う、ぎっくり腰は海外では「魔女の一撃」ともいわれ、急激に腰に痛みが走り、ひどいときはしびれを伴ったり、その場で動けなくなってしまうような強い腰の痛みを発症するものです。

原因としては、生活習慣、腰や背中の蓄積された疲労や、カラダの冷え、ストレスなどによる筋肉の緊張から引き起こされる筋肉の異常緊張や椎間関節、仙腸関節といった背骨や骨盤の一部に生じたズレが発生している状態の時に床の物を取ろうとして中腰になったり、くしゃみをしてちょっと腰を曲げた時など、ちょっとしたことでぎっくり腰になることが多いです。

通常、病院ではぎっくり腰の場合レントゲン写真やCT,MRIを撮りますが、レントゲン写真やCT,MRIといった通常の検査方法では、その異常を捉えることはできないこともあります。

そして病院では湿布や痛み止めを処方されて2,3日安静にしているようにいわれてしまいます。

しかし、なぜぎっくり腰になってしまうのか?

その根本的な原因を解決しなければ、その時は良くなってもまたぎっくり腰を繰り返す可能性があります。

ぎっくり腰の原因|調布ふだてん整骨院

1度ぎっくり腰になると良くなった後もまたぎっくり腰を繰り返すことがあります。

当院では、ぎっくり腰の根本的原因はレントゲンやMRIでは映らない、「身体のゆがみ」が原因であると考えています。身体のゆがみとは、椎間関節、仙節といった背骨や骨盤が通常の位置からズレを生じ、動きが狭くなっているものを言います。

身体のゆがみは腰や骨盤まわりの血管や神経を圧迫するため、結果として筋肉の自然治癒力を下げてしまいます。

そもそも急激に腰を痛めるということはほとんどありません。もともとあった身体のゆがみに、長年、繰り返し腰の筋肉に負荷がかかり過ぎたため、筋肉のよく使うところと、全く使えていないところの差が開いてしまい、腰の筋肉が耐え切れずに発症することがほとんどです。

例えば、何度もぎっくり腰を繰り返しているという話もよくお聞きしますがぎっくり腰はさらなるトラブルの前兆であることも理解しておく必要があります。身体がゆがんだ状態を放置しておくと、クッションの役目を果たしている椎間板が潰れていき、腰の骨や関節、神経といったところに大きなダメージを与えてしまいます。さらに放っておくと背骨の圧迫骨折や脊柱管狭窄症など、治療が困難な病気になる恐れがあります。

そうなると病院では手術を勧められてしまいます。

ぎっくり腰になる前に、腰の張りやだるさはなかったですか?

大切なことは、今の症状だけを何とかするよりも、再発しないような身体のケアと、今後ご自身で健康を保っていけるようちゃんとした対処法を知ることです。

当院のぎっくり腰改善方法|調布ふだてん整骨院

当院では、患者さんの身体の状態を全体的に把握し、患者さんのぎっくり腰の複合的な原因を一つ一つ探していったうえで、それぞれの原因にあった施術を行っていきます。

  • 筋肉に対するアプローチ

  • 背骨や骨盤のゆがみに対するアプローチ

  • ストレスや内蔵の不調からくる自律神経のみだれに対するアプローチ

など、その方の原因に合わせた的確なアプローチをすることで症状の改善率をグンと高めます。

根本的な原因となる身体のゆがみを当院のオリジナルの矯正技術により、身体の全体のゆがみを整え状態を回復させることで、本来備わっている自然治癒力を高め、症状を改善します。

自然治癒力が向上すれば、少し傷んだとしても自分の力で良くすることができるのです。

ここまで行えば、大抵のぎっくり腰は良くなりますが、どうしても取り切れない痛みが残る場合はストレスや内蔵の不調からくる自律神経のみだれが原因として考えられるため、頭蓋骨調整や内蔵調整を行うことによって自律神経のみだれを整えて痛みを取り除きます。

当院では、筋肉や身体のゆがみの問題はもちろん、その後の再発防止や日常生活でのケアもアドバイスをさせていただいています。

これまで多くの患者さんのお悩みにお答えし、大変お喜びの声をいただいている内容ですので、安心してご来院ください。

TEL

住所
〒182-0024
東京都調布市布田1丁目3-1
アクセス
調布駅から徒歩4分
布田駅から徒歩10分

外観

診療時間

LINE

WEB予約はこちら